格安で借りられるレンタカーにはさまざまな魅力があります

自動車を自己所有していると様々なメリットがある反面デメリットも存在します。車を持つ事で生まれる効用としては、好きな時に様々な場所に行ける、たくさんの荷物を持ち運びできる、バスや電車などと違い待ち時間を気にしなくて良い等がありますが、反面として駐車場代やガソリン代、税金や車検、整備費用などのコスト負荷があります。特に駐車場では、都心や大都市になると上昇する事により住む場所によってはたくさんの維持費が加算される事になります。また、休日のみの車の利用であれば、駐車場代金を日割りすると週の中で5日間は余分に費用を払っている事にもなります。そのような環境の中で役に立つのがレンタカーです。最近ではレンタカーが、駅前や住宅街近郊、ガソリンスタンドなど様々場所で手軽に借りられるようになっており、料金も昔と比べて格安のプランがあるようです。

格安で借りられるレンタカーの種類

様々な場所で借りることが出来、様々なシーンで活躍するレンタカーですが、その魅力は維持費が掛からない事にあります。例えば車を自己所有していて月に2~3回のみの利用であったとするならば、駐車場代金を月1万円、ガソリン代金を月1万円、年間4万円の税金の月割り約3千円、2年間に1回の車検10万円の月割り約4千円、保険料金月5千円とすれば、1カ月のコストは3万2千円になってしまいます。月に2~3階の利用であれば、1回あたりの料金は1万円~1万5千円もかかっている事となります。駐車場代金やガソリン代が増えればコストも膨らむ事となりますが、その価格であればレンタカーを借りたほうがコストパフォーマンスに優れていると言えます。車種にもよりますが、最近では格安のレンタカーがあり、安いものであれば1日5千円~7千円程度のものがあります。また早期割引や連泊割引、キャンペーンなどによる様々な待遇があります。

格安レンタカーによる費用対効果

乗車回数により、コストを削減できるレンタカーですが頻繁に利用する際は注意が必要になります。様々な割引やサービスがあるレンタカーですが、基本的に利用回数毎に料金が発生しますので頻繁に使用する機会があるようであれば自己所有との比較が必要となります。また、費用対効果について考えた際、公共交通機関を利用した場合との価格比較もしておくと良いでしょう。例えば3人で移動する場合の往復のバスや電車の料金、タクシー利用などの料金とレンタカーを借りた場合とで比較すると分かりやすいと言えます。行先や利用時間などにもよりますが、一般的に2人以下であれば公共交通機関の利用が有利で、3人以上であれば自動車が有利と言われています。その中から月の利用頻度を鑑み、格安レンタカーを選択するという事も一つの方法であれと言えます。

2017年9月22日